みなさんどのようにドリップバックを活用しているのか?

実際にオリジナルドリップバックコーヒーをつくった
お客さまがどのようにドリップバックコーヒーを活用しているのか、の活用例をあつめました!

  • HOME
  • レビュー
  • [株式会社エルブリードさま]バンドのオリジナルグッズとして

株式会社 エルブリードさま music office

[株式会社エルブリードさま]バンドのオリジナルグッズとして

[用途]音楽バンド『CRAZY VODKA TONIC』さまのオリジナルグッズとして作成
[ドリップバックの種類]DipStyle 単色印刷タイプ( クラフト×黒)
[デザイン]お客様にて制作

株式会社エルブリードさまよりご依頼いただき、
バンドCRAZY VODKA TONIC(クレイジーウォッカトニック)さまのオリジナルグッズとして
ドリップバックコーヒーを作成させていただきました。

楽曲『ダイニングテーブルにて』をイメージしたドリップコーヒーです。

コーヒーをプロデュースした池上さん(ヴォーカルの方)が
Twitterに書かれていたコメントが、ステキすぎるので引用させていただきました。

出ましたよ。
みんな。
プロデュースだよ

孤独な夜、憂鬱な朝
それらに落ち着きを与える曲に
落ち着くといえばな商品を
飲まない人も
大切な人への贈り物に

優しい音楽とコーヒーを

池上

むかしから、歌つくり、歌うたいの人を筆頭に『ゼロからなにかを作り出す人』というものに憧れと尊敬の念を抱いています。
すてきな言葉を繰り出されるのでほんとうにすごいなと思います。

面白い仕掛け(QRコード)もあるそうです。
うーん、ステキアイデア。


クラフトの質感は、やはり良い味がでます。
印字のザラつきかすれが、味わいに。

エルブリードさま、ありがとうございました!

ご相談・質問などございましたらお気軽にお問い合わせください。
お問合わせはこちらから