ドリップバック考察

単色印刷

いつもありがとうございます!
オリジナルドリップバッグコーヒ制作Dripping!の西脇です。

このたび、よりリーズナブルにノベルティを作れる!2点掛けのドリップバックがメニューに仲間入りしました。

ということで今回は、2点掛けドリップバックと3点掛けドリップバックをいろいろな径のコップに使用してみました!

使用したコップのサイズ
大 コップ径 11cm(青のもの)
中 コップ径 8.5cm
小 コップ径 8.0cm

中と小が測ってみるとあまり違いがありませんでした(・_・;)
人の感覚ってあてにならないものです・・・

[3点掛け]

3点でカップに固定するので安定感あり。
2点掛けドリップバックと比べると横長で、お湯が注ぎ易い。
また、フック紙の高さが低いので抽出したコーヒーにフック紙が浸りにくい。(雑味が出にくい)
2点掛けよりもリッチな気分になる。

カップ径によっては伸びすぎてしまう!!

安定感があり、お湯を注ぎやすい◎

[2点掛け]

アーム状の2点で固定するタイプでいろいろな大きさのコップに対応可能。
3点掛けドリップバックと比べると縦長で、抽出したコーヒーにフック紙内のコーヒー粉が浸かるので、浸けておく時間によって濃度の微調節が可能。

アームが伸びるのである程度どんなカタチのコップでも対応できる◎

もちろん2点掛け・3点掛けとも、
窒素充填の個別包装で、抽出する時まで挽きたての鮮度を保つ事ができます!
専用のマシンが不要で、ギフト・ノベルティ・記念品などにオススメです!

くわしくはこちらからどうぞ!→単色印刷ドリップバックコーヒー

ご相談・ご質問などございましたらお気軽にどうぞ!
ご予算・用途に応じてお選びください^^

もらったとき、淹れるとき。
ドリップバックコーヒーは、2度見られるツールです

ノベルティ、無料配布、販促物、ごあいさつに好評いただいております

お問合わせはこちらから

関連記事一覧