雨の日の読書・おいしいコーヒーを淹れる方法

ブログ

こんにちは。
オリジナルドリップバッグ制作Dripping!の西脇です。

本日は春分。
春の雨です。

友人に教えてもらって、ずっと気になっていた本を読みました。

『イノダアキオさんのコーヒーがおいしい理由』
*イノダコーヒーの看板メニューが、砂糖とミルク入りの『アラビアの真珠』というコーヒーだということで…
それをイメージしてコーヒーをセットしてみました^^

イノダコーヒーさんは京都に本店のある老舗のコーヒー屋さん。
猪田彰郎(いのだあきお)さんは15歳でイノダコーヒーで働きはじめました。
38歳のときに三条店の店長をまかされ、以来65歳で引退されるまで焙煎から接客、すべてをやってこられたそうです。

そんな猪田彰郎さんが教えてくれる、おいしいコーヒーの淹れ方です。

コーヒー器具や技術的なことより、ほかにとってもたいせつなのは”気持ち”
表紙に書かれたメッセージにこの本の想いが要約されています。

“おいしいコーヒーを淹れるんはむずかしくないんです。
大事なんは、技術よりも、気持ち。
そやから、どなたでもおいしく淹れられます。”

気持ちを込めて、朝の一杯を淹れよう。
そう思いました。
本の最後に猪田彰郎さんのお写真が掲載されているのですが、
あたたかい人柄がにじみ出ているお顔です。
(そしてこの表紙の似顔絵に、そっくり)

コーヒータイムのおともにもぜひどうぞ。

Your Original Drip Bag Coffee!

あなたならどんなデザインにしますか?

お問合わせはこちらから

関連記事一覧